ノーローンの歴史とは

金融業界で歴史をもつシンキのノーローン

ノーローンという名前は消費者金融でお金を借りた事がない方でも、一度は耳にされたことがあると思います。
ノーローンは、消費者金融会社のブランド名です。
どういう意味かというと「一週間以内ならば利息が要らない」ということをアピールする意味でその名前がつきました。
1週間以内の返済で無利息というルールは、ローン利用者にとっては大変ありがたいサービスなので、次第にシンキのブランドは人々に知られるようになっていきました。
元々シンキという会社は、1954年に兵庫県で信起商事株式会社として創立された会社です。
1973年から1990年頃までは、兵庫県姫路市に本社を構えていたので、関西ではお馴染みの会社です。
1974年頃から、消費者無担保ローンの取扱を開始するようになりました。
やがて社名は「信起」からカタカナの「シンキ」に変更し、早くからコンピュータ導入により、全部の店舗でのオンライン化を実施していました。
オートスコアリングを導入したり、店舗への無人契約機械設置など、次々に新しいシステムを導入し、1995年10月から、無利息キャッシングのノーローンを消費者向けに発売開始したのです。
その後、2001年には無担保カードローンを事業者向けにも発売開始しています。
1997年に本社を東京に移転して以来、今では関東でもお馴染みになっています。
関西で誕生したこの消費者金融ブランドですが、今では関東でも浸透している名前です。

関連ページ

アイフルで30万借りたいなら
アイフルで30万借りたいなら
プロミスで30万円借りる
プロミスで30万円借りる
プロミスの歴史とは
プロミスの歴史とは
モビットで30万円借りる
モビットで30万円借りる