保証人とは

生活に密着した保証人の制度

世の中に、「保証人になって欲しい」と頼まれたことがある方はどれほどいるのでしょうか。 就職をする時、賃貸の契約をする時、そして借金をする時に求められるのが保証人です。
親しい人に「なって欲しい」と頼まれると、「いやだ」とは言いにくい雰囲気があります。 これを断ってしまうと、この人との関係性まで切れてしまうのではないかと思ってしまうからでしょう。
就職する時や賃貸契約なら、比較的気軽に引き受けることはできる範囲内です。 しかし、借金をする時となると話は違います。 その借金を肩代わりしてもかまわないという気持ちがなければ、依頼を引き受けるべきではありません。
なぜなら、自己破産の手続きをする人の中で、他人の借金の肩代わりをして破産する人は、実に全体の約25%にものぼります。 つまり、4人に1人は、他人の借金で自己破産に追い込まれているのです。 これは決して少ない割合ではありません。
気軽に引き受けたりすると、後でどんな事態が待ち受けているかわからないのです。 ですが、保証人にもいくつかの権利が残されています。 債権者が借金の取り立てに来た時、借金をした本人にまず請求して欲しいという権利、そして借金した本人に資産があるのならまずその資産を差し押さえてほしいと言える2つの権利があるのです。
もし、借金の取り立てにあったなら、まず債権者本人に請求すること、そして資産の差し押さえをして欲しいと要求することができます。 それでもダメな場合は、借金を支払わなければならないのですから、依頼された時は真剣に考えることをおすすめします。

関連ページ

カードローンとは
カードローンとは
他社借入件数とは
他社借入件数とは
随時返済とは
随時返済とは
ポイントカードとは
ショッピングがよりお得になるポイントカードに注目しよう! 30万円借りたいときに役立つ金融基礎知識を公開しています。