他社借入件数とは

審査で重視される他社借入件数

融資を受けるのには様々な方法がありますが、特に急いでお金を必要としている場合はキャッシングやカードローンがとても便利です。
来店で申し込みができるのはもちろんですが、インターネットや電話などの来店不要で申し込みができる方法も様々用意されており、とても利便性が高くなっています。
そして融資を受けるためには、まずは申し込みが必要です。
申し込みには必要書類に記入を行ったり、インターネットからの場合は専用の申し込みフォームに入力を行い、それを送信します。
記入には住所や氏名、生年月日などの個人情報に、勤め先や年収なども記入することとなり、さらに他社借入件数も入力することとなりますが、これは審査でもとても重視されるところです。
審査では借入の総額も重視されますが、借入件数も審査をクリアできるかどうかでかなり影響してきます。
各金融機関ではそれぞれ何件までが許容範囲かというラインがありますので、やはり借入件数が少ないほうが融資を受けるのにも有利となる傾向があり、5件以上などとなるとかなり審査は厳しくなる傾向があるようです。
それゆえに審査が通らないという場合はまずは他社借入件数を減らしていくいことが大切です。
そして、こうした他社借入件数を入力する場合はいわゆる無担保のローンが対象で、有担保の住宅ローンなどは記入しなくて良いとされています。
クレジットカードの場合はキャッシング枠は含まれますが、ショッピング枠は含まれません。

関連ページ

カードローンとは
カードローンとは
保証人とは
保証人とは
随時返済とは
随時返済とは
ポイントカードとは
ショッピングがよりお得になるポイントカードに注目しよう! 30万円借りたいときに役立つ金融基礎知識を公開しています。