随時返済とは

早く完済するなら随時返済をしよう

キャッシングの返済方法には、「約定返済」と「随時返済」があります。
約定返済とは、毎月決まった一定の返済のみをしていく方法です。
例えば、返済期日が30日で毎月1万円の返済なら、30日に1万円ずつ返済をしていき完済を目指します。
これがキャッシングにおける通常の返済方法です。
ちなみに決められた返済期日を破ると、遅延金(利息制限法の1.46倍)が取られることになってしまうので返済期日はしっかりと守ってください。
対する随時返済とは、約定返済とは別に臨時で返済をしていく方法です。
返済期日が30日で毎月1万円の返済と決まっていたとしても、返済期日の30日前に返済をすることができ、また、1万円以上を返していくこともできます。
つまり、お金に余裕があるときに返済をしていくことで完済までの期間は短くなり、早期完済が可能になるという目的があります。
これを簡単に説明すると、前倒し返済ということですね。
ただし、注意したい点もあります。
それは、手数料です。
返済には利息がつきますが、臨時返済をする場合は会社によっては手数料が取られるケースもあります。
そのため、返済の度に手数料が取られてしまうと、結果として返済総額が伸してしまうことにもなりかねません。
これを活用する際は、一度にある程度の金額をまとめて返済することを心がけてください。
また、こういったルールも各社で異なるので、事前にルールを確認してから返済をするようにしましょう。

関連ページ

カードローンとは
カードローンとは
他社借入件数とは
他社借入件数とは
保証人とは
保証人とは
ポイントカードとは
ショッピングがよりお得になるポイントカードに注目しよう! 30万円借りたいときに役立つ金融基礎知識を公開しています。