デビットカードとは

デビットカードの特徴を知ろう

カードでお買い物といえば、真っ先に思い浮かぶのがクレジットカードですが、他にもカードを使ってお買い物を楽しめる方法があります。
デビットカードとは発行済で現在手元にある金融機関のキャッシュカードを利用して、お買い物などの支払いができる便利なサービスとなっています。
使ったお金は口座から引き落とされるのはクレジットカードと同じですが、違いはクレジットカードが利用した金額が後日まとめて引き落とされるのに対し、デビットカードの場合は、利用した即時に引き落とされることとなります。
それゆえに口座の残高以内でしか利用することができませんので、残高がないと決済することがきないため、使いすぎる心配はありません。
クレジットカードと違うところは、クレジットカードがリボ払いや分割払いに対応しているのに対し、一括でしか支払えないこと、そしてキャッシング機能がついていないので、お金を借りることができないなどの特徴があります。
さらに公共料金やプロバイダの支払いなど定期的な月払いについては使用不可となっているのもクレジットカードとは違うところです。
そしてクレジットカードを作る場合は審査がありそれをクリアしないことにはカードの作成は行えませんが、デビットカードの場合は審査がなく職業や年収に関係なく誰もが持つことができるカードとなります。
クレジットカードのように個人情報機関は参照していませんので、過去に債務整理をしている場合でも申し込みが可能です。

関連ページ

ネガティブリストとは
ネガティブリストとは
不良債権とは
不良債権とは
担保とは
担保とは