不良債権とは

不良債権者にならない努力を

不良債権とは、商取引もしくは、投資や融資において、その金額を回収困難に陥ってしまった債権を言います。
例えば、Aと言う会社から商品を1億円購入したB社、お金を払う予定だったのが都合がつかず一銭も払うことが出来なくなってしまったと言うことも不良債権の発生になるのです。
これと同様に銀行や消費者金融でも貸したお金が、返って来なくなった時不良債権が発生したことになります。
企業及び個人の業績不振などが原因でこのような状態に陥ってしまうことが多いと言われます。
ですが消費者金融の場合、返済出来なくなったことで、更に消費者金融からお金を借りて返す悪循環のパターンが多く見られました。
そのために複数の消費者金融からお金を借りてしまい、ますます返済出来なくなってしまったと言う人も多いのです。
まとめローンを組めるような人は、まだ幸せなのかもしれません。
そのまとめローンも組めなくなってしまった人には、残された道は決まっているのです。
このように回収が困難になってしまった人たちには、民事再生とか破産宣告とか言った状態に追い込まれることになってしまいます。
金融機関との話し合いで支払いが続けられる人はまだ良いのですが、民事再生とか破産宣告された人たちは、長い期間仕事の幅も狭まってしまいますし、お金を借りることも難しくなってしまいます。
ですから余計な債権を持つようにならないため、日頃からお金の管理をキチンとすることも大事になります。
また安易にお金を借りることがない工夫もすべきなのでしょう。

関連ページ

デビットカードとは
デビットカードとは
ネガティブリストとは
ネガティブリストとは
担保とは
担保とは