ネガティブリストとは

注意しなければならないネガティブ情報

ネガティブ情報とはローンやクレジットカードの審査を受けるときに不利になる情報を指します。
例えば、ある金融機関から借り入れを行い、そしてそれを返済しなかった場合、普通に考えてみてもその金融機関からもう一度お金を借りることはできないでしょう。
簡単に言えばこのようなためにある情報です。
金融機関としては、やはり返済してもらう事が必要となりますから、借りたものをきちんと返済をしなかったり、あるいは返済が大幅に遅れたりしたという過去がある人の情報はきちんと保有していて、そしてその人には貸さないという方針をとっています。
当然のことと言えば当然のことなのですから、ここまではわざわざ細かく考える必要はありません。
注意しておかなければならないのは個人信用情報機関の存在です。
一つの金融機関で融資を受けて何らかのネガティブ情報が発生した場合、この情報はたいていは個人信用情報機関に登録されます。
多くの金融機関は審査の差異に個人信用情報機関に問い合わせますから、そうなると他の金融機関でも審査に通らなくなるのです。
このようにして情報が共有されることによって多くの金融機関が行う審査にはまず通らなくなります。
これをブラックリストに載るという言ったり、あるいはブラックになると言ったりすることがあります。
これが将来に影響することもあります。
軽い気持ちでキャッシングを利用して延滞したことが原因で、住宅ローンを組もうと思ったときにネガティブ情報によって審査に通らなくなることもあります。
ですから、利用するときにはきちんと返済できる計画を立てておきましょう。

関連ページ

デビットカードとは
デビットカードとは
不良債権とは
不良債権とは
担保とは
担保とは