女性福祉資金とは

知っておきたい女性福祉資金制度

配偶者のいない人がその自治体に半年以上住まいを構えており、ある程度資金が必要なときに申請できる制度として、女性福祉資金があります。 対象としてはある一定以上で独身の女性や、結婚した経験があるけれど母子家庭の人、さらに自分自身は独身であっても親や兄弟を養っている人などが対象となることが多いのです。
一部の自治体では配偶者がいても、全くその収入を手にすることができない女性も対象に含まれています。 その前年の収入によって、融資してもらえるかどうかが大きく異なってきています。 ある一定額以上の収入がある人は申請をしても受け取れないことがほとんどです。
社会的に安定して自立した生活を歩めるようにという理由で資金を提供してもらえることが一般的となっていますので、返済を念頭に置いた資産の申請を実行することが可能となっています。
利用できる範囲は多岐にわたっているので、消費者金融などの金融機関で断られている人や、明確な目的があってそのために費用を捻出したいけれどどうしても実行が難しい人などを対象にして返済が可能かどうかを把握し、裁量の結果をもたらせるように実行できるのです。
なお、自治体によっては保証人が必要となりますので、事前に保証人になってくれる人を探しておく必要があります。 返済期間は貸した金額によってさまざまなものがありますが、数年から数十年であり、返済の時には非常に低金利噛む金利である可能性もあるので、とても便利な制度です。

関連ページ

ヤミ金とは
ヤミ金とは
住宅ローン控除とは
住宅ローン控除とは
連帯保証人とは
連帯保証人とは