住宅ローン控除とは

税金の負担が楽になる住宅ローン控除

住宅ローン控除とは自宅を住宅ローンで購入したときに一定期間の間住宅ローンの残高のうちの一定額を所得税から控除する制度です。
この工場は最高で500万円受けることができますが、控除の額は自分が納める所得税の額を超えることはありませんので間違えないようにしましょう。
具体的には、住宅ローンの残高に応じてその0.5%から1%の額が控除されます。
2000万円のローンでは毎年20万円を限度に10年間控除され、4000万円のローンでは毎年40万円が10年間控除されます。
耐震住宅や省エネルギー住宅などの認定長期優良住宅の住宅ローンの場合は、一般的な住宅ローンよりも有利な条件で工場受けることが可能です。
住宅ローン控除を受けるためにはいくつかの条件をクリアする必要があります。
まず、新築した日から6ヶ月以内にその住宅に住み、適用を受けたい年の12月31日まで継続して住んでいなければなりません。
そして、控除を受けたい年の所得の合計が3000万円以下である必要があります。
新築した、あるいは中古現職した住宅の床面積が50平方メートル以上でかつ床面積の2分の1以上の部分が居住専用の空間であることも重要な条件の一つです。
店舗と自宅をかねる住宅を建てたいという場合にはこの条件に特に注意する必要があります。
控除を受ける条件には、銀行などの金融機関や一定額額以上の住宅ローンの返済期間が10年以上であることもあげられます。

関連ページ

ヤミ金とは
ヤミ金とは
女性福祉資金とは
女性福祉資金とは
連帯保証人とは
連帯保証人とは