連帯保証人とは

保証人は保証人でも連帯保証人になる際には慎重に

借入における保証人とは、その債務の契約者が返済できなくなった時に、債務の責任を代りに背負うという意味があります。
つまり、保証人が本来の債務者に代わって借金の返済を行うということです。
債権者からすると、仮に債務者本人に問題が起きても保証人がいてくれれば債務を回収できる可能性が高まるというメリットがあります。
最近では保証人なしで契約できるローンも少なくはありませんが、それでも大口ローンとなると保証人は必要になってくるでしょう。
ちなみに、これは債権者だけのメリットではなく、債務者からしても保証人がいてくれた方が保証人の返済能力が審査に加味されて融資が受けやすくなるという利点もあります。
ただし、自分が保証人になる場合は注意しなくてはなりません。
一口に保証人と言っても、「通常の保証人」と「連帯保証人」というものに分けられ、背負う責任は大きく変わってきます。
通常の保証人の場合は、債権者が保証人に債務の返済請求をしてきても債務者本人から請求してくれと要求できる権利「催告の抗弁」と、債務者の財産から債務を回収してくれと要求できる権利「検索の抗弁」があります。
そのため、責任としてはそれほど重いものは課せられません。
しかし連帯保証人には、こういった権利はなく、債務者と同等の責任が課せられます。
つまり、債権者が保証人に返済請求をしてきたら否応なく応じる必要があるということです。
他人が作った借金があたかも自分が作った借金のようになってしまうので、保証人になる際には慎重に行いましょう。

関連ページ

ヤミ金とは
ヤミ金とは
住宅ローン控除とは
住宅ローン控除とは
女性福祉資金とは
女性福祉資金とは