総量規制とは

総量規制は利用者にとってプラス?

総量規制には賛否両論があり、借りる人によってプラスにもマイナスにもなります。 そもそもこの決まりは、年収を基準とした貸付制限のことです。 年収の3分の1までを貸付額の上限としており、これ以上の借り入れはできません。
現在の自分の年収を3で割って出た金額が、借りられる金額の上限と考えるとよいでしょう。 この基準はすべてのキャッシングに適用されますので、3社から借りている場合は3社の借り入れ合計額が年収の3分の1を超えていれば、新たな貸付を受けることはできません。
この決まりは銀行を除いた民間の金融機関に適用となります。 銀行、信用金庫、農協などは除外されます。 総量規制がプラスになる方は、浪費グセのある人でしょう。
キャッシングを利用するうえで一番怖いのは、自分の財布感覚になってしまうことです。 「お金がなければキャッシングを利用すればいい」という考えは、使いすぎ・借りすぎを誘発して、返済不能に陥らせます。
無計画に使う方ほど、期日までに返済できなくなり、自己破産や個人再生の手続きをすることが多いので注意が必要です。 総量規制がマイナスになる方は、追加融資を受けたい方でしょう。
現在の借り入れだけでは足りず、さらに追加融資を申し出たい場合、以前であれば対応してくれたことが多いですが、現在は年収の3分の1未満であることが貸付の最低条件となります。 このハードルをクリアしなければ、追加融資を受けることはできないのです。

関連ページ

キャッシング会社の選び方
キャッシング会社の選び方
クレジットカードの機能
クレジットカードの機能
ブラックリストとは
ブラックリストとは