アイフルから30万円借りる | 今すぐ30万円借りたい時のBest3!

東証一部上場のアイフル

東証一部上場のアイフル

実質年率4.5%~18.0% 限度額500万円
保証人不要 最短即日融資

詳細・お申し込み

アイフルお申し込み・ご契約方法

  • パソコン、ケータイ、スマートフォンによるWeb契約申し込み (※1)
  • (※1)インターネットでは24時間365日申し込みを受付しています。
  • 店頭窓口による申し込み (※2)
  • 自動契約機による契約申し込みなど (※2)
  • (※2)今すぐにお金を借りたい場合は、インターネット申し込みを行った上で電話連絡をしたり、窓口や自動契約機で契約をすると、待ち時間もなくスムーズです。

どちらの条件で選ぶ!?「30万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

30万円借りる:融資スピード 30万円借りる:低金利

30万即日融資 30万低金利


疑問解決Q&A:返済しやすい定率リボルビングシステム

定率リボルビングシステムとは、リボルビングシステムの一つで、残高に対して一定の割合を毎月返済していく方法を指します。 リボルビングシステムでは、元金と利息とを合計したものを新たな元金とする方法を指しますが、一定の割合を計算するときには、先に元金と利息とを合計する場合と、後から利息を合計する場合とがあり、2つの方法に分けられます。 元利定率リボルビングシステムとは、元金と利息を合計し、そしてその合計金額の一定割合を返済金額とします。 これに対して元金定率リボルビングシステムでは、元金に一定の割合を乗じて返済金額を計算し、そしてそれに利息を加算して新たな元金とする方法を指します。 このような細かい違いはありますが、元金に一定の割合を乗じるという点では共通しています。 例えば返済の割合が2%となっていた場合、100万円の元金が残っていればその2%ですから2万円を返済することになります。 10万円しか借りなかった場合には返済は2%ですから2千円を返済していくと言うことになるのです。 たくさん借りた場合、最初のうちは返済する金額も大きいのですが、返済が進むにつれて返済金額が小さくなっていくために、返済が楽になるというメリットがあるのです。 借りている金額に応じて返済金額が決まりますから、どれくらい借りているのかを把握しておけば返済金額を把握しやすいというメリットがあります。 この意味で返済しやすい方式だと言えるでしょう。

ページトップへ戻る