ジャパンネット銀行から30万円借りる | 今すぐ30万円借りたい時のBest3!

ジャパンネット銀行でお金を借りる

ジャパンネット銀行カードローン

実質年率2.5%~18.0% 限度額1000万円
保証人不要 最短即日融資

ジャパンネット銀お申し込みの流れ

ジャパンネット銀行お申し込み・ご契約方法

  • ネットバンクにログイン後、契約申し込み
  • ※普通預金口座をお持ちの方

  • インターネットからネットキャッシング+普通預金口座開設の同時申し込み
  • ※普通預金口座をお持ちでない方

どちらの条件で選ぶ!?「30万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

30万円借りる:融資スピード 30万円借りる:低金利

30万即日融資 30万低金利


疑問解決Q&A:難しい?定額リボルビングシステムの仕組み

定額リボルビングシステムとは、クレジットカードやキャッシングなどの返済方法として採用される仕組みの1つです。 そもそもリボルビング払いとは、一定の利用限度額内において、何回ショッピングの決済やキャッシング等を利用したとしても、予め設定された額を毎月返済していけばいいとする返済方式です。 定額リボルビングシステムにも幾つか種類があり、元利定額リボルビング払い、元金定額リボルビング払いが代表的です。 元利定額リボルビング払いとは、元金と利息を合わせた額が毎月一定の額に設定されます。 これに対し元金定額リボルビング払いの場合は、元金のみが毎月一定額となり、これに利息が加算された金額を返済していく仕組みです。 たとえば、キャッシングを10万円利用したとしましょう。 元利定額リボルビング払いで予め1万円返済コースを選んでいると、毎月の返済額は常に1万円ずつとなります。 その内訳は、たとえば、元金9千円に利息1千円などと、毎月異なっています。 また元金定額リボルビング払いは、元金部分が1万円ずつでこれに利息が加算されるため、返済額は1万1千円などと一定ではありません。 追加でキャッシングをすると、元利定額リボルビング払の場合は、毎月の返済額のうち利息の占める割合が増えるものの、毎月返済額は1万円に変わりありません。 元金定額リボルビング払の場合元金だけが一定のため、借入額が増えれば利息分が増え、毎月返済額が大きくなっていきます。

ページトップへ戻る