モビットから30万円借りる | 今すぐ30万円借りたい時のBest3!

三井住友銀行グループのモビット

三井住友銀行グループのモビット

実質年率3.0%~18.0% 限度額800万円
保証人不要 最短即日融資
※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

詳細・お申し込み

モビットお申し込み・ご契約方法

申し込み方法

  • パソコン、ケータイ、スマートフォンによるWeb契約申し込み
  • 店頭窓口による契約申し込み
  • 近くの銀行・コンビニでご利用可能!
  • 口座振替で返済可能、銀行振込で返済可能、提携ATMで返済可能

どちらの条件で選ぶ!?「30万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

30万円借りる:融資スピード 30万円借りる:低金利

30万即日融資 30万低金利


疑問解決Q&A:担保とキャッシング

お金を金融機関から借りるとき、通常は担保を入れてお金を貸してもらいます。 担保とは、住宅や土地などの不動産が主ですが、他にも預金、有価証券、保険積立金など資産なら基本的には何でもOKです。 ただし名義の確定がないものは不可能です。 例えば、絵画とかですね。 これらは、融資における保証の役割を持っています。 目的は、万が一返済ができなくなった時に、それらを売却して返済に充てるということであり、いわゆる債務返済の身代わりです。 お金を貸すということは返してもらわなくはいけないので、貸す側にとったら返済に関するリスクを背負って融資しなくてはなりません。 そのリスクを少しでも減らすためにも必要なものなのです。 しかし、実は全ての借り入れに必ず必要なわけではなく、中でもキャッシングは無担保貸付として知られています。 キャッシングでは、そういったものの代わりに債務者の信用を重視します。 信用とは返済能力のことで、年収、職業、その他の個人情報などから返済能力を判断し、融資の有無を決定します。 そのため申し込みは簡単にできますが、審査は厳しくなるでしょう。 また、融資リスクは高くなるので少額融資になるため大金を借りることはできません。 新規契約の場合、条件がいい人でも最大50万円の貸し付けが限度となり、また金利も若干高めになる傾向があります。 それでも違法な貸し付けは行われませんし、そもそもキャッシングは小額の借り入れで直ぐに返済する目的で利用する商品なので、正しく使えば利息負担がかかる借り入れでもありません。

ページトップへ戻る