【最短】今すぐ30万円借りたい時「30万円借りる方法」

30万円借りれるカードローン

即日で今すぐ30万円だけ借りたい!そんな時に役立つのがカードローンです。

大手で借入した場合、30万円借りる場合、1ヶ月借入しても金利は5000円弱で済みます。
例) プロミスで30日借入した場合:
30万円×金利 0.178%÷365日×30日=4389円

【最短】 すぐ30万円借りる

安心大手/銀行系グループ

 プロミス

安心大手で低金利!急いでいる時は断然この1社!


土日・祝日、その日に借りたい場合

ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機で最短即日融資も可能!
自動契約機は22時まで利用可能!(一部21時まで)
自動契約機でのカード受け取りなら基本的に自宅に郵送物は届きません。


 アコム

来店不要で即日融資!大手銀行系特有の対応力が魅力



アイフル

東証一部上場のアイフルなら即日融資も可能!




30万円借りる時の【2大条件】

低金利重視 スピード重視
銀行でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方はスピーディーな銀行系をチョイス!!

土日・休日に30万円キャッシング

30万円借りる時に必要なもの


カードローンで今すぐ30万円キャッシング



緊急時はネット申込&自動契約機カード受取が便利!


日常生活において、緊急でお金が必要となるシーンはけっこう多いかと思います。 そんなとき、お金を借りる際に、みなさんが注意していることはなんですか。 ここでは、今すぐ30万必要!という方にお勧めの「今すぐ30万円キャッシングする方法」をお伝えします。
まず、すぐに30万借りるために必要となる条件をあげてみましょう。

《今すぐ30万円を借りるまでの流れ》

契約申し込み

審査

審査回答

契約

借り入れ
上記が、お金を借りる際の大体の流れとなります。
まず、即日融資 30万円を受けるためには、融資スピードが早くなければいけません。 融資スピードを図るための判断材料は、契約申込をしてから審査回答を得られるまでの時間です。
消費者金融からお金を借りる、あるいは銀行からお金を借りるなど、キャッシングの会社は多くありますから、審査にかかる時間はまちまちです。 なかには、即日審査といって数日かかる業者もあります。
そんななかで、融資スピードの速さに定評があるのは、やはり消費者金融の会社です。
消費者金融は、お金を借りたい!と希望する方に向けて、お金を貸すことで利益をあげている会社なので、お金を貸すことにも積極的です。 (ただし、当然ですが、回収不能と思われる方への融資は行いませんので、最低限の条件がそろっていることは必須です) 特に「審査回答最短30分」と審査に時間がかからないことをアピールしていたり、「急なお申し込みにもお応えします!」と堂々とアピールしているなど、 審査申込の締切時間は設定されてはいますが、当日中の融資も可能となっているなど、今すぐに借りたい!という利用者の希望にそったサービスを行っています。

単純に「30万借りたい」というのとは違って、「すぐに」「30万円即日」で借りたいという要望に応えたキャッシングサービスとなっています。
ほかにも、申し込みの前に、あらかじめ借り入れが可能かどうかを数秒で診断するサービスなどもあるので、審査申込の前に簡単に確認することもでき、時間を短縮することができます。
また、万が一、一度目に申し込んだ会社での審査に落ちてしまった場合に、別の業者からお金を借りるために再度申し込みをするとしても、融資スピードが早ければスケジュールに問題はありませんが、1件目で審査に時間がかかる会社に申し込んでしまいますと、その後にも影響が出てきてしまいます。 こういった場合の対策として、今日中に30万円を借りたい!というように、明確にスケジュールの希望がある場合には、追加で1〜2件の業者を同時に申し込むというのも、確実にお金を借りるための手段となるかもしれません。
(ただし、同時申し込みは3件までが限度とされていますので、ご注意ください)

銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 土日休日審査対応
▼ 銀 行
低金利
重視

普 通

低 め

会社による
▼ 消費者金融
スピード重視

早 め

高 め

ほぼOK

※会社によって詳細は異なります。


30万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
三菱UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★☆☆
× じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 最大800
万円
★★☆☆☆

お金を借りる前に

はじめて30万借りる方へ

契約内容を理解できましたか?無理なく確実な返済が可能ですか?
不安がある場合は1人で悩まずに早めに身近な人や、国民生活センター、クレジットカウンセリング協会等に相談しましょう。

即日融資で30万借りれるカード

30万円借りれるカードローンのなかでも、大手銀行グループのカードローンなら対応が迅速&引き出す際にもATMが充実しているので大変便利です。

すぐに30万円借りる時の注意

「どうしても30万円が必要」だったら、あなたならどうしますか?
そんなときには、悩まずにキャッシング会社を利用するのもひとつの手段です。
では、いざお金を借りるときに注意したいのが、他社での借り入れ件数です。
初めてお金を借りる方や借入件数が少ないほうが、審査が通りやすいといわれていますので、他社借り入れ件数にあわせて利用するキャッシング会社を選ぶと、借り入れもスムーズです。

初めてキャッシングをする方や他社借入れ件数が1件という方は、審査にも通りやすいため、いろいろなキャッシング会社を選ぶことができます

他社借入が2件の方は、まだ審査も通りやすく、心配する必要はありません。初めてのキャッシング〜他社借り入れ件数1件の方同様、いろいろなキャッシング会社を選びましょう。

他社借入が3〜4件の方は、少し審査が厳しくなりますが、まだ借り入れを行うことができます。ただし、これ以上は他社借り入れ件数を増やさないようにしましょう。

他社借入が5件以上の方は、大手のキャッシング会社から借り入れをするのは難しくなってきます。中小の消費者金融に申し込んでみると良いでしょう。また、あわせて“おまとめローン”などを利用して他者借り入れ件数を減らすことも、友好的な対策となります。


30万借りる

「今すぐ30万円借りたい!」というとき、あなたならどうしますか?
同じ「30万借りたい」という場合でも、あまり急ぎでなければ、まず低金利でお金を借りることができるキャッシング方法を探すのがベストだと思います。
ただ、「今すぐに!」「緊急で!」という場合には、やっぱり、“即日融資”に対応しているキャッシング業者じゃないと、希望にそえないかもしれません。
このページでは、すぐに30万借りる方のための情報を詳しくお伝えします。


選べる便利な契約申し込み方法

【店頭窓口】 スタッフと借り入れ金額や返済計画などを相談しながらの契約申し込みができる
【自動契約機】 対面が苦手な方は、パネル操作で気軽に一人で自動契約お申し込みができる
【インターネット】 パソコン、ケータイ・スマートフォンなどのインターネットから、来店不要でラクラク契約申し込みができる
【電話】 来店不要で急ぎの際には便利な契約申し込みができる
【郵送】 資料を見ながらじっくり検討&契約申し込みができる


契約申し込みの方法はいくつかありますが、いちばんのお勧めは、インターネット契約申し込みです。
というのも、わざわざ店頭に足を運ばなくても、いつでも気軽に申し込みができますし、審査回答待ちの間も、店頭でじっと待つ必要がないので、時間に縛られずに対応することができます。
また、電話で契約申し込みをする際にも、電話口で「名前は…勤め先は…年収は…」と1つずつ伝えるよりも、まずはインターネットで必要事項を入力して契約申し込みを済ませ、そのあと電話で「いまインターネット申し込みをしました」といったふうに進めれば、審査にかかる時間も短縮されます。


審査申込みの締切時間にも注意

「今日中30万円借りたい!」というように明確な借り入れ日の目標があるならば、審査の締切時間にも注意をしてください。
即日融資に対応している会社では、平日の14時までの契約申し込みを締め切り時間としている会社が多いので、「今日中に30万円必要」という期限が明確に決まっている場合には、同じ即日融資でも、“今日中の借り入れ”に間に合うように、早め早めに手続きを進めていきましょう!


キャッシング専用カードの受け取り

契約が済んだら、キャッシング専用カードを受け取ります。
店頭窓口での契約申し込み、自動契約機での契約申し込みであれば、その場でキャッシング専用カードを受け取れます。
また、インターネットで契約をした場合には、自動契約機で受け取るか、後日郵送で受け取るか…など、契約の際にご指定ください。
※カードを後日郵送受け取りにした場合でも、インターネットや電話などの手続きにより、カード到着を待たずにして借り入れをすることができますので、ご安心ください


すぐにお金を引き出す方法

キャッシング専用カードを手に入れたら、あとはいつでも自由に借り入れが可能です。
店舗ATM、提携コンビニATM、提携ATMでお金を下ろす、振込キャッシングを行うなど、お金の借り入れ方法はさまざまです。
Webサイトでは、店舗ATMの検索もできるため、お気軽にお近くの便利な店舗をお探しください。


30万円借りれるQ&A

気をつけよう!ヤミ金業者は見分けられる

借り入れに活用する消費者金融ですが、消費者金融といってもピンからキリまであり、中には悪質な業者が混じっていることもあります。 悪質な業者からお金を借りてしまうと法外な利息を取られ、脅迫的な取立てに追われることになるでしょう。 そもそも利息は、利息制限法という規定によって貸付制限が設けられており、元金に対する貸付上限が定められています。 また、貸金業を営むに当たって、正規に登録を行い、貸金業法に従う運営をしていかなくてはなりません。 しかし悪質な業者は、これらの規定を一切無視した金貸しを行っています。 トイチ(10日で1割)どころか、トゴ(10日で5割)の貸付は当たり前です。 こういった業者をヤミ金業者といいます。 ヤミ金業者に法規制が及ばないというわけではないのですが、法律を適用させるには相手の身元が分かっていないことにはどうにもできません。 こういった業者の多くは、店舗を持たず運営しているので足がつきにくく、法律ではどうにもできないことがあります。 そのため初めから活用しないということが重要なのです。 では、ヤミ金業者はどうやって見分けるのかということなのですが、実は難しいことはありません。 例えば、「ブラックOK」「審査なし」「低金利融資が可能」など誇大広告を出しています。 また、会社の所在地がない、連絡先が携帯電話番号、DM、登録番号が内などの特徴があります。 中には見分けにくい業者もいますが、心配な方は知名度がある大手消費者金融を利用すれば間違いないでしょう。

総量規制は利用者にとってプラス?

総量規制には賛否両論があり、借りる人によってプラスにもマイナスにもなります。 そもそもこの決まりは、年収を基準とした貸付制限のことです。 年収の3分の1までを貸付額の上限としており、これ以上の借り入れはできません。
現在の自分の年収を3で割って出た金額が、借りられる金額の上限と考えるとよいでしょう。 この基準はすべてのキャッシングに適用されますので、3社から借りている場合は3社の借り入れ合計額が年収の3分の1を超えていれば、新たな貸付を受けることはできません。
この決まりは銀行を除いた民間の金融機関に適用となります。 銀行、信用金庫、農協などは除外されます。 総量規制がプラスになる方は、浪費グセのある人でしょう。
キャッシングを利用するうえで一番怖いのは、自分の財布感覚になってしまうことです。 「お金がなければキャッシングを利用すればいい」という考えは、使いすぎ・借りすぎを誘発して、返済不能に陥らせます。
無計画に使う方ほど、期日までに返済できなくなり、自己破産や個人再生の手続きをすることが多いので注意が必要です。 総量規制がマイナスになる方は、追加融資を受けたい方でしょう。
現在の借り入れだけでは足りず、さらに追加融資を申し出たい場合、以前であれば対応してくれたことが多いですが、現在は年収の3分の1未満であることが貸付の最低条件となります。 このハードルをクリアしなければ、追加融資を受けることはできないのです。

知っておきたい女性福祉資金制度

配偶者のいない人がその自治体に半年以上住まいを構えており、ある程度資金が必要なときに申請できる制度として、女性福祉資金があります。 対象としてはある一定以上で独身の女性や、結婚した経験があるけれど母子家庭の人、さらに自分自身は独身であっても親や兄弟を養っている人などが対象となることが多いのです。
一部の自治体では配偶者がいても、全くその収入を手にすることができない女性も対象に含まれています。 その前年の収入によって、融資してもらえるかどうかが大きく異なってきています。 ある一定額以上の収入がある人は申請をしても受け取れないことがほとんどです。
社会的に安定して自立した生活を歩めるようにという理由で資金を提供してもらえることが一般的となっていますので、返済を念頭に置いた資産の申請を実行することが可能となっています。
利用できる範囲は多岐にわたっているので、消費者金融などの金融機関で断られている人や、明確な目的があってそのために費用を捻出したいけれどどうしても実行が難しい人などを対象にして返済が可能かどうかを把握し、裁量の結果をもたらせるように実行できるのです。
なお、自治体によっては保証人が必要となりますので、事前に保証人になってくれる人を探しておく必要があります。 返済期間は貸した金額によってさまざまなものがありますが、数年から数十年であり、返済の時には非常に低金利噛む金利である可能性もあるので、とても便利な制度です。

PAGE TOP